MIYA SHINMA

自然の美しさとエモーション、そして、忘れられない思い出の数々・・・
これが私のインスピレーションの源です。
様々な想いを香りにたくして、選び抜かれた香料を混ぜ合わせ、ゆっくりと熟成させて完成させました。

 

 

Miya Shinmaについて

緑と水の美しい静岡で生まれ育ち、日本の雅な面影を残す街、京都で学生時代を過ごす。

その後、パリに渡り、運命的に出逢った香水の世界に身を投じた。

フランスと日本を往復する生活を続けながら、香りのオブジェやオーダーメイド香水などの制作、香りに関する執筆や講演をする。

後に、自身に秘められたジャポニズムと、香道という形式をもった日本独自の香り文化を背景とした香水ライン、〈Miya Shinma Parfums〉を作る。

Miya Shinmaの香りは、自然の美しさを主題とする。日本の文化と伝統を巧みに織り込み、日本特有の香料と世界中から集められた上質の香料によって、日本美の一片としての香りが完成させられる。それらは、彼女によって翻訳された日本のかつての雅な記憶の香りであり、ときに現代日本の1ページの香りである。

幼少の頃から親しんだ音楽と作曲にまつわる体験は、彼女のMiya Shinma香水ラインの創作における道標を照らす光となったといえるだろう。美しい香りの旋律を求めて、吟味された香料とコンポジションの響きに耳を傾けながら、現在、彼女はパリのアトリエで制作を続けている。

 

 

 

 

自然に従い、芸術に従う

巡る季節、時を待って咲き誇る花、降り注ぐ太陽の光・・・ 変わらない自然の美しさと、そこから生まれた感情や思い出を主題として、Miya Shinmaの香りの数々は作られています。
日本をはじめ各国で生まれた香りをフランスの地に運び集めて選び抜き、これらを素材に作られた数々のコンポジションは、 Miya Shinmaの哲学「芸術に従い、自然に従う」のもとに作られたものです。

Miya Shinmaの香りのすべては、天然香料が持つ本来の魅力を引き出すべく処方がなされ、最高級の素材をおしみなく使った贅沢の極み。限りなくシンプルなテーマの中に、無限の芸術の可能性がたくされています。